ウエクニブログ

一人暮らしをきちんとしつつ満喫したいOLの暮らしぶり。

【備忘録】カノジョは嘘を愛しすぎてる 2巻【漫画】

こんばんは! ウエクニ ミイです。

 

前回に引き続き、今回も「カノジョは噓を愛しすぎてる」の備忘録をつけていきます。

かなり久々になりますね笑

uekuni.hatenablog.jp

 

《以下、ネタバレ注意!》

 

 

目次

 ▶1巻までのあらすじ  

 ▶4TH song 蝶も花の蜜だけを吸って生きているわけではない  

 ▶5TH song 複眼をもってしても自分の姿を見ることは当 然できない  

 ▶6TH song ささやかな蝶の羽ばたきが未来の空を動かすこともある  

 

1巻までのあらすじ

細かい話の流れや登場人物の概要は前回の記事を読んでいただけると良いかと思います。

ざっくり要点をまとめました。

 

①アキ(元クリプレのメンバー、サウンドクリエーター)とリコ(女子高生、クリプレが大好き)が出会い(ナンパ)、付き合う。

②アキとリコは初デート!としてタワレコで待ち合わせるが、リコの友人達(ユウ・ソー)がついてくる。

③2人きりになるためリコはアキをエレベーターに押し込む。

④エレベーターでキス。←今ここ!!

 ▶目次にもどる

 

4TH song 蝶も花の蜜だけを吸って生きているわけではない

扉絵:制服姿のリコです。

   教室の机に覆いかぶさるようにして、「何?」って言いたげな目でこちらを見ている!

4TH songでわかる情報

1.リコ

1-1.タクシーでのアキの様子を見て、アキがリコに言っていたことは本当は全部嘘ではないかと考える。

     (ニート、童貞、一目惚れって信じますか?と言ったことなど)

→不安を払拭するため、タクシーから降りて公園へ。

1-2.公園で歌っているところで高樹と出会い、スカウトされる。

 

2.アキ

2-1.キスをした時のリコの反応を楽しむ。 

「大丈夫 好きになれる そう思った」

  リコとユウが言い合いをしているのを見て、嫉妬。

「「リコ」の彼氏なんで2人で帰るよ」

→ユウとソーが追ってくるのから逃げるため、リコとタクシーに乗る。

 茉莉から電話が入り、リコをタクシーに残し去る。

 

5.茉莉

5-1.アキを呼び出し、別れたくないことを伝える。

      高樹とも関係を持っていたことを認める。

  →高樹のおかげでデビューできた。

  →嫌われたくなくて、誘いを断れなかった。

「私のこと見つけてくれたの あの人だったの」

 

6.高樹総一郎

リコと出会い、スカウトする。

 「どうしよう俺天才見つけちゃった」

 

7.ユウ

 エレベーターの防犯カメラでリコとアキがキスしているのを見て、ショックを受ける。

→ドアが開いた瞬間に、アキにチョップ笑

「オレにとって一番の女の子で、好きだったから簡単に告白なんてできなくて」       

 

 2人きりになろうと、リコを少し強引に連れ出すアキがかっこいい!

高樹からのスカウトをリコが応じるか気になりますねー 

目次にもどる

5TH song 複眼をもってしても自分の姿を見ることは当然できない

扉絵:ウインクしながらスイカを片手で持ってるリコ。

   舌で指を少しなめててセクシー!

5TH songでわかる情報

1.リコ

実家は八百屋さん。

高樹にスカウトされたことを家族やユウ・ソーに告げる。

バンド(リコ・ユウ・ソー)を結成していて、皆で練習に行く。

→なんとなくアキには他に好きな女の人がいるんだろうと考える。

→アキに電話。

 

2.アキ

2-1.ユウ・ソーが練習しようとしているところを発見。(この時、リコはコンビニに行っていて、不在)

→リコも一緒にバンドをやっているのかユウに聞くが、一緒にやっていないと告げられる。

 

2-2. 帰り道、リコから電話。「可愛い」「大事にする」とリコに告げる。

「僕のカノジョの小枝理子さんは可愛い。」

2-3.茉莉に茉莉のことはまだ好きだが、今の彼女を大切にしたいと告げる。

「僕はさ 僕のことを 僕が思うのと同じように大事に思ってくれる人を大切にしたい」

 

5.茉莉

改めてアキから別れを告げられる。

高樹より自分(アキ)を選んでくれたら、曲を喜んで書くと言われる。

→ショックを受け、何も言えず泣いてしまう。

「マッシュはさ 僕のこと守ってあげるって言ってくれたんだ 僕が曲を作らなくても そう言ってくれたんだ」

 

7.ユウ

 腹いせにアキに嘘(リコとバンドをやっていないこと)をつく。

 

茉莉ははっきり別れを告げられちゃいましたね…

茉莉は恋人を失って泣いているというより、自分の曲を書いてくれるパートナーを失って泣いてるようでした。

目次にもどる

6TH song ささやかな蝶の羽ばたきが未来の空を動かすこともある

扉絵:ハットを斜めにかぶって、ペットの猫を抱いているリコのアップ。ちょっと頬を染めていて、可愛い!

6TH songでわかる情報

1.リコ

電話をしたのは不安だったから。

→アキの過去を聞く。

 

1-1.アキから「僕のこと本当に守ってくれる?」と聞かれるが、守ると宣言。

 

「守るよ 全部 あなたを傷つける全部から」

 

 1-2.電話で自分たちは近くで電話していると気づく。

→佃の中央大橋で犬に懐かれているアキを見つけ、助ける。

→キスをねだられ、自分からアキにキス。

 

1-3.高樹の事務所にユウとソーと行く。

→茉莉とすれ違う。

「あたしの目の前を通り過ぎてゆく この人は とても綺麗だった」

 

2.アキ

2-1.歌を歌ってる女の人と3年間付き合っていたが、今の彼女を大事にしたいと言ってちゃんと別れたとリコに電話で報告。動物苦手。

→帰宅して、すぐに作曲。

 

 「それは 僕にしては珍しく 可愛い曲だった」

 

 

6.高樹総一郎

3人(リコ・ユウ・ソー)にデビュー決定と告げる。

→演奏の上手い下手は関係なく、カメラの前で弾くフリだけしてくれと言う。

 (音は代わりの上手い人のを使う)

クリプレも心也以外、自分で弾いていないと告げる。

 

7.ユウ

練習からなかなかリコが帰ってこないのを不審に思い、探しに行く。

中央大橋でリコからアキにキスしているところを目撃。

→その場から引き返し、ソーに今日はもう帰ろうと告げる。

→すぐリコが戻ってきたが、リコを見ずに帰宅。

 

8.ソー

リコに今日はもう帰ろうと告げる。

→リコとユウの様子を見て、何か勘付く…?

 

 今回はクリプレメンバー全く登場しないなーと思っていたところに、高樹さんがクリプレに関する大きな情報を明らかにしてきましたね笑

この事実を知って、3人はどう動くかー?

次が気になりますねー

 

目次にもどる